ベルリンの壁クイズ

検定試験

今回の記事もそらしのさんから投稿していただいたクイズになります!

ベルリンの壁に関するクイズ14問です。基本、学生系くらいの難易度となってしまったので、2点取れれば十分合格だと思います。

1961年
[恐らく、前半二つを聞いたことがない人もいると思うので、説明入れておきます。1961年にフルシチョフが中国共産党派のアルバニア指導者を非難したのに対し、ホッジャ政権下のアルバニアは態度を硬化させ、ソ連を「修正主義」と批判して国交を断絶し、親中国政策を取ったとされています。ピッグス湾事件は1961年4月にアメリカがキューバのカストロ政権の転覆を狙ってキューバ侵攻を行い、キューバ南東部の「ピッグス湾」に上陸した事件です。作戦自体は、カストロ軍の徹底的な反撃を受けて失敗に終わります。同年1月のアメリカとキューバ間の国交断絶がその背景にあるとされています。他にも1961年にはクウェートやタンガニーカの独立、アメリカでのジョン・F・ケネディ大統領就任、ベオグラードでの第1回非同盟諸国首脳会議開催など様々な事件が起こっています。一緒に覚えておきましょう。]
ヴァルター・ウルブリヒト
[1933年から1938年までパリに亡命し、共産党の国外指導部書記を務めていました。]
『One, Two, Three』(別名: 『ワン、ツー、スリー ラブハント作戦』)
[ビリー・ワイルダー監督は『失われた週末』『七年目の浮気』『お熱いのがお好き』『アパートの鍵貸します』『シャーロック・ホームズの冒険』などの映画で監督を務めたアメリカの映画監督です。有名な方なので、覚えておきましょう。]
コンラート・シューマン
[「自由への跳躍」は19歳の写真家ペーター・ライビングが西ドイツ警察より得た情報をもとにベルナウアー通りで200ミリ望遠レンズを使って撮影した有名な写真です。シューマンは当時19歳で、人民警察機動隊の隊員として国境警備任務にあたっていました。東ドイツからしたら彼の脱走は想定外のものだったため、東ドイツは最初、シューマンの亡命を拉致事件として処理するつもりだったとされるものの、制服を着た兵士のシューマンが東ベルリンから逃げ出したことが写真で明らかになったことから、その処理を断念したとされています。]
ギュンター・リトフィン
[ベルリンの壁建設は一夜にして行われたと言われており、ベルリンの壁建設を知らなかったリトフィンは、東ベルリンの自宅から職場近くの西ベルリンへの移住を計画していました。しかし、8月12日の深夜に電車で東ベルリンに戻ったきり、西ベルリンに行けなくなり、越境を試みたとされています。また、2000年に彼が住んでいた通りが「リトフィン通り」に改称されています。雑記にはなりますが、リトフィンに続いて2番目に亡くなった人物は8月29日に泳いで逃亡している最中に銃弾で亡くなった「ローラント・ホフ」(当時27歳です)。長文難問を研究するクイズプレイヤーの人はこちらも覚えておいた方がいいと思います。
シュタージ
[クイズだと「人権抑圧の象徴で、国民に最も嫌われ恐れられた機関」という前振りで聞くこともあります。尚、シュタージの存在が特に問題視されたのは個人データを600万件も保持していたのが統一後に発覚したからだそうです。]
エイヤ=リータ・エクレフ=ベルリナー=マウアー
[一般的に「対物性愛」という概念を初めて打ち出した人物だと考えられている人です。名前の「ベルリナー=マウアー」はドイツ語で「ベルリンの壁」という意味があります。たまに学生系のクイズで見ますが、自分は答えられたことはないです。]
1989年
[恐らく、前半の2点で気になったことがある人もいると思うので、説明入れておきます。ハンガリーは1919年に共産主義政権が崩壊したのちにホルティの独裁政権を経て、1946年にハンガリー共和国に、1949年にハンガリー人民共和国に国名を変更したのち、1989年に共産主義を「放棄」して民主制の共和国に移行したと言われています。天安門事件は1976年4月5日に周恩来元首相を追悼する民衆が人民英雄記念碑に捧げた花の輪を当局が撤去したことに対して民衆が抵抗した「第一次」と、1989年6月4日民主化を求める学生や労働者たちが起こした「第二次」があります(第一次に関しては「四・五運動」という通称で呼ばれることもあります)。いずれも、紛らわしいので、間違えないようにしましょう。1989年には他にアメリカとパナマの断交、ルーマニア革命(1944年にも起きています。)、ポーランド総選挙での「連帯」の圧勝、昭和天皇の崩御による「平成」への改元などが起こりました。]
クリス・ギュフロイ
[ギュフロイはスポーツ学校に通ってエリート予備軍への道が約束されていて、国家人民軍の将校となる道までが用意されていたものの、それを拒否したために上級学校進学ができなくなってしまったという逸話もあります。]
ヴィンフリート・フロイデンベルク
[一般的に「ベルリンの壁の最後の犠牲者」といえば、フロイデンベルクかギュフロイが答えとなるケースが多く、警備兵の銃撃による最後の犠牲者がギュフロイで、ドイツ分断の影響を受けた最後の犠牲者がフロイデンベルクです。]
ギュンター・シャボウスキー
[一説にはこの失言はうっかりではなく、裏取引の元で行われたという話もありますが、実際はどうだったのかという話は研究者の間でも割れているらしいです。]
ハラルト・イエーガー
[ハラルト・イエーガーの前振りでボルンホルム通りが出ることも、その逆もあるので、学生系に手を出している人は両方セットで覚えましょう。]
バナナ
[バナナは東ベルリンでは売られていなかったため、コール首相が「統一されればバナナは毎日食べられる。西側の物は何でも自由に手に入る」などと統一ブームを呼びかけたとするエピソードもあるそうです。]
『神よ、この死に至る愛の中で我を生き延びさせ給え』
[ベルリンの壁のニュースの際には使われやすい映像のため、絵だけ見たことがある人も多いはずだと思います。追加で補足しておくと、ホーネッカーは中央委員会の国防担当委員としてベルリンの壁を建設した人物です。]
この記事を作成するにあたって参考にした日本語の論文
木村明生の論文『中ソ対立における東欧諸国の立場』(アルバニア関連)
白樫三四郎の論文『集団の愚かな意思決定: ピッグス湾、真珠湾そしてウォーターゲート』(ピッグス湾事件関連)
斎藤晢の論文『東ドイツにおける消費生活の変化-ウルブリヒト時代-』
近藤潤三の論文『ベルリンの壁の犠牲者 最初と最後のケース』
近藤潤三の論文『ベルリンの壁・ドイツ内部国境の越境者問題』
涌井秀行の論文『20 世紀社会主義・ソ連崩壊の歴史的意味―冷戦構造の溶解と市場原理主義の全面展開―』(ベルリンの壁崩壊とギュンター・シャボウスキーに関する記述)

そらしのさんの他の記事はこちらをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました