2分で覚える「n進数」!

コラム

2進数10進数、挙げ句の果てには16進数...

突然ですが問題です!

2進数で「101」、10進数だと何でしょう?
正解は「」一体どういう理屈でしょう?
実は理屈が分かれば簡単に分かる問題なんです。

普段使ってるのは「10進数」

10進数はその名の通り、10個の数字で数を表します。

【10進数】0,1,2,3,4,5,6,7,8,9
まで数えたら、次の数字がないため1ケタ増やして
と表記しますよね。
このような数の表現方法を「10進数」と言います。

じゃあ「2進数」って何?

先ほどと考え方はほとんど同じです。

2進数はその名の通り、2個の数字のみで数を表します。

【2進数】0,1 だけ!!
ではここで疑問。
十進数二進数

0と1はまだ普通に表せますが、「」はどうやって2進数で表すのでしょう?

理屈は10進数と一緒です。

まで数えたら、次の数字がないため1ケタ増やして
と表記します。
このような数の表現方法を「2進数」と言います。

「2進数」→「10進数」の脳内変換

ではここで本題。2進数をどうやって10進数に直せばいいのか。

0から順に追っていけば分かりますが、手っ取り早く分かりたいですよね?

ここで、簡単にできる裏技があります。

図に書かれている3つの工程を経ることで、

2進数を10進数に変えることができます。

①2の乗数を用意する
②2進数を並べて、対応する数をかける
③かけて出てきた数を足し合わせる
4進数や8進数の場合は、①を「nの乗数」に置き換えることで同じ方法を用いることができます。

 


 

最後にもう一度...

①2の乗数を用意する
②2進数を並べて、対応する数をかける
③かけて出てきた数を足し合わせる
二進数を間違えることはもうない!!
ここテストに出るぞ〜!!!

 

 

こちらの記事でn進数クイズに挑戦。

n進数クイズ
テーマはn進数。全部で101問!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました