初心者・中級者におすすめのクイズ書籍3選

スポンサーリンク

クイズの書籍ってたくさんあるけど、どれがおすすめか分からない。
簡単~普通の難易度の問題がたくさん載っている本が欲しい。

そんな要望をきっちりと解決しましょう。

 

まずこちらをご覧ください。

ここに写ってるのはほんの一部ですが、とりあえず50くらいはありました。すべて合わせると100は超えると思います。

そんな中から、これは初心者・中級者にオススメな問題集を3冊選びましたのでご紹介させていただきます。

 

 

①田中健一の未来に残したい至高のクイズ

【作者】田中健一さん
【問題数】1500問
【難易度】初級500問・中級500問・上級500問。
【特徴】どの難易度もバランスよく入っており、問題文も丁寧で良問が揃っている。
【こんな人にオススメ】クイズを出題してみたい、自分の知識力向上、まずは何か1冊という方。

 


②クイズモンスター・古川洋平のクイズ虎の巻

【作者】古川洋平さん
【問題数】1000問
【難易度】前編(初・中級)500問・後編(中・上級)500問。
【特徴】作り手・読み手・聞き手から見たクイズ。作問やクイズ形式についても書かれている。
【こんな人にオススメ】作問をしてみたい、自分の知識力向上、形式について詳しく知りたい。

 

③Buzzer Beater 01

【作者】水上颯さん
【問題数】800問
【難易度】初級400問、中級400問
【特徴】あの東大王やQuizKnockでおなじみの水上颯さんが初めて作成した電子書籍の問題集。
【こんな人にオススメ】水上颯さんが好き、電子書籍として欲しい、クイズの基礎知識の向上。

購入はクイズ宅配便というサイトから行うことができます。
2019年6月時点では、このサイトのベストセラーとなっていました。
(※問題集ではありませんが、紙の書籍である『頭を鍛える5つの習慣』という本も2019年9月6日に発売されました。興味のある方はこちらの記事もご覧ください。)

 

 

以上の3つでした。

本当はもっともっと面白いクイズの本はたくさんありますが、問題集としてある程度まとまったもの、特定のジャンルではないことを考えてこの3冊とさせていただきました。

もし興味があれば、ぜひ購入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました