スポーツの1チームの人数一覧表

資料集

色々なスポーツ・競技などの1チームの同時に出場できる人数をまとめました。
(人数の少ない順の競技名のあいうえお順。)

競技名人数
セパタクロー3
インディアカ4
カーリング4
ボブスレー2,4
ビーチボールバレー4
ゲートボール5
バスケ5
ビーチサッカー5
ビーチフットボール5
ファウストボール5
フットサル5
フラッグフットボール5
アイスホッケー6
タッチラグビー6
バレーボール6
アルティメット7
カバディ7
水球7
ネットボール7
ハンドボール7
ビーチドッジボール7
雪合戦7
ラグビー(セブンズ)7
綱引き8
ソフトボール9
野球9
女子ラクロス10
男子ラクロス10
アメフト11
サッカー11
ホッケー11
ドッヂボール12
ラグビーリーグ13
ラグビーユニオン15

徐々に追加していきます!

他にもQuizXでは様々なクイズを出しています。
ぜひこちらもご覧ください!
検定試験一覧

コメント

  1. 右ひざ より:

    いいですね、これ。
    無いところでいうと綱引きは8人が公式のようです。

  2. 古志山人 より:

    テニス、バトミントン、卓球のダブルスは2人でしょう。武道の団体戦は5人です。

タイトルとURLをコピーしました