ポーカー検定

検定試験
・この記事は分かりやすさを重視しているため、専門用語には説明を入れ、厳密で細かいルールなどは触れていません。導入や知識として知っておけばOKという程度で書いています。
・日本国内での金銭を賭けてのプレーは法に触れる可能性がありますので、おやめ下さい。

 

さて、ポーカーと聞いて浮かべるルールといえば、5枚配って1回だけ好きな枚数を交換し、手札の役の強さで勝負する。という方が多いのでは無いかと思います。

ただ世界に目を向けてみると、「テキサス・ホールデム」という種類のポーカーが一般的なのです。

かなりざっくり説明すると、 手札2枚(ホールカード)と共通の場の5枚(コミュニティカード)の合計7枚の中から5枚で役を作ります。
この共通の5枚に関しては、誰でも使用することができるので、このような状況であれば、プレイヤーAは6と4のツーペア、プレイヤーBは9のスリーカードになり、Bの勝ちとなります。

そしてこのテキサスホールデム最大の魅力はなんといってもチップをかけるタイミング(ベットラウンド)が4回もあるのです。その状況によって強さが変わるので非常に戦略性の高いゲームなのです。

細かく書くと長くなりそうなので、うまくまとまっている分かりやすい動画を見つけたので、4分12秒だけお時間をください!!

 

さぁ準備が出来たらテキサスホールデムクイズに挑戦してみよう!
↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました